MENU
てんちゃん
単身赴任で絶賛ワンオペ育児中!
・幼児食インストラクター
・食生活アドバイザー
の資格を保有しています。
栄養や毎日の食事、こどもの食育に関する情報について発信しています。
\ プライムデー先行セール開催中 /詳細を見る

ヨシケイは体に悪い?使われてる添加物や食材の安全性について調べてみた!

この記事でわかること

  • ヨシケイの独自の「YSO」基準について
  • ヨシケイで使われている食材の安全性
  • 人気のミールキットの他社3社と比較
  • ヨシケイの体に悪い?口コミ

日替わりのミールキットで時短と栄養バランスの両立を実現しているヨシケイですが、食材の安全性やヨシケイ独自のYSO基準について徹底調査してみました!

結論から言うと、

ヨシケイの食材は基本的に国産で、食品添加物や農薬、畜産物など国より厳しい基準に基づいており、スーパーの食材よりも安全性が高かった

ただ、「完全無添加」ではないのは事実です!


そこで本記事では、

  • 「無添加」の本当の意味
  • ヨシケイの食品添加物に関する独自の基準
  • スーパーや他社と比較した結果

も合わせて紹介しています。

てんちゃん

ぜひ最後まで見てみてくださいね



\現在、初めての方限定で半額でお試しできる/

\ まずは今週のメニューをチェックする!

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です。

目次(見たいところからチェック!)

ヨシケイは体に悪い?ヨシケイは完全無添加ではない

まず結論を言うと、ヨシケイは「完全無添加」ではありません。

と言うのも、実は「無添加」というのは添加物が全く入っていない状態を表すのではなく、食品添加物が、原材料の産地から最終加工食品完成までの全工程において、 一切使用されていないことを指します。

ですが、ヨシケイは厚生労働省で認可されている添加物の中でも安全性に疑問があるものは使わない独自の食品添加物基準を設けています。

てんちゃん

次にヨシケイの添加物に関する独自の基準について説明するよ

ヨシケイ独自の「YSO基準」

ヨシケイでは独自の「YSO」基準を設けている

Y」・・・ヨシケイ
「S」・・・セーフティ
「O」・・・オペレーション


ヨシケイでは、この『YSO基準』に基づき、以下のような取り組みを行っています。

●工場設備や食品、社員等の衛生管理基準を設け、品質管理の向上に取り組んでいます。
●製造委託先を選定するための工場監査チェックリストを設け、厳しい工場監査に取り組んでいます。
●独自の食品添加物基準である「Yリスト」を定め、安全・安心な商品のお届けに取り組んでいます。

ヨシケイでは、グループの本部にあります品質管理室ならびに外部検査機関によるダブルチェック体制での定期的な衛生監査をフランチャイズ会社および製造委託先に対して実施し、つねに衛生管理レベルの維持向上に取り組んでいます。

引用:ヨシケイ公式サイト

ヨシケイの食品添加物の安全性

ヨシケイのYリスト
  1. できる限り食品添加物は使用しない
  2. 安全性に疑問がある食品添加物は使用しない
  3. 食品の製造・加工に不可欠なもの以外は使用しない
  4. 品の腐敗・劣化等の防止に他の手段がない場合以外は使用しない

出典:ヨシケイ公式サイト


ヨシケイは自社独自のYリストを作り、厚生労働省の基準より厳しい基準にかけ、厳選した食材を使用しています。


出典:ヨシケイ公式サイト
ヨシケイが使用禁止している添加物36品目

【保存料】

・デヒドロ酢酸Na
・安息香酸
・安息香酸Na
・パラオキシ安息香酸
・ヒノキチオール

【漂白剤】
・過酸化水素
・過酸化ベンゾイル
・小麦粉処理剤
・臭素酸カリウム

【着色料】
・赤色2号・3号
・赤色40号(アルラレットAC)
・青色1号・2号
・緑色3号
・黄色4号・5号
・赤色102号
・赤色104・105号
・赤色106号
・酸化鉄
・鉄葉緑素(鉄クロロフィリンNa)
・銅葉緑素(銅クロロフィリンNa)

【甘味料】
・アスバルテーム
・サッカリン
・サッカリンナトリウム
・グリチルリチン酸

【酸化防止剤】
・EDTAカルシウム
・EDTAナトリウム
・BHA
・BHT
・没食子酸

【発色剤】
・ 硝酸ナトリウム

【増粘安定剤】
・アルギン酸エステル
・ CMC-カルシウム

【結着剤】
・ ピロリン酸カリウム


この36品目は厚生労働省から認可されている食品添加物ですが、安全性に疑問があるとされており、ヨシケイでは使用禁止しています。


初回限定!まずは半額でお試し

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です

ヨシケイで使われる食材の産地と安全性について

ヨシケイは生鮮類を独自のルートで調達しています。

製戦車・製造各社と密な連携をし、国内外を問わず残留農薬や抗生物質の検査・分析を行い安全が確認された食材だけが各家庭にとどけられます。

またヨシケイは全国に営業所を持っているため、地域によって生産者が異なります。

てんちゃん

食材の産地と安全性を解説するよ!

野菜の産地・安全性

ヨシケイの野菜のこだわり
出典:ヨシケイ公式サイト

ヨシケイでは日本全国の各産地から安全、安心を第一に考え減農薬野菜を毎日仕入れています。

また、鮮度保持の為、お客様への配達の直前に野菜をカットするなど、色、つや、形などの検品も行ってから家庭に届くようになっています。

ヨシケイの野菜は、ほぼ国産で地産地消の考えのもと、可能な限り地元の食材を使用しています。

※地産地消 地域で生産されたものをその地域で消費することで農業者と消費者を結び付ける取組です。


てんちゃん

実際に野菜も新鮮なものが多く綺麗なものばかりだったよ!


またヨシケイでは毎日、野菜の産地が書かれた紙が食材と一緒に梱包されているので子供にも安心して食べさせることができました。

野菜の産地が書かれた紙


この日は唯一かぼちゃだけが外国産であとは国産のものでした。

ヨシケイのカット野菜について

各地域のヨシケイ店舗によって対応は異なりますが、カット野菜は食品添加物として指定もされている微酸性電解水(次亜塩素酸水)やオゾン水にて殺菌消毒がなされます。

人体への安全性が確かめられており、厚生労働省が認可している消毒方法が採用されています。

参考:日本食品化学研究振興財団(既存添加物名簿・指定添加物リスト)




肉の産地・安全性

出典:ヨシケイ公式サイト

ヨシケイでは、牛肉以外は国産(地元のもの)を取り扱っています。

  • 牛肉…国産、またはオーストラリア産
  • 豚肉…国産
  • 鶏肉…国産

オーストラリア産の穀物牛の特徴

肉質赤身に脂肪が程よく入り込んだ、きめ細かな肉質です。
牧場オーストラリア・ニューサウスウェールズ州にある日本の気候・風土に近い高原の牧場。
飼料・牧場内で栽培されたトウモロコシなどの植物性飼料を100%使用。
・遺伝子組替穀物を用いた飼料、および動物由来の原料から作られた飼料は一切使用していません。
・成長ホルモン剤は一切使用しません。
・肥育開始150日以降は抗生物質の投与は一切行わず、抗生物質の残留が無いような体制を整えています。
参照:ヨシケイ公式サイト


また、ウインナーやベーコンなどの加工肉には無塩せき(発色剤不使用)のものを使用しており安全性は高いと言えます。

てんちゃん

味は主観的なものになるけど、お肉に臭みを感じたことはなくどれも本当に美味しかった♪


お肉は基本的に国産
ベーコン
発色剤不使用


こちらは畜産物の地域のこだわり食材の一部です。

地域のヨシケイごとにこだわりの食材があり、以下はその一部です。

牛肉の地域の特徴
  • ヨシケイ青森・・オーストラリア産「大麦中心の植物性飼料だけで飼育」
  • ヨシケイ横浜・・オーストラリア産「成長ホルモン・抗生物質・遺伝子組み換え飼料不使用」
  • ヨシケイ大阪南・・ニュージーランド産「非遺伝子穀物限定・成長ホルモン不使用」
  • ヨシケイ奈良・・ブドウ粕を与えて育てたワンランク上のロンググレインフェッドビーフ「味わい葡萄牛」
豚肉の地域の特徴
  • ヨシケイ群馬・・桜絹豚「遺伝子組換え食品や肉類を一切含まない飼料」
  • ヨシケイ横浜・・千葉県産ブランドぶた「特定の病原体不在とする飼育」
  • ヨシケイ山口・・佐賀県・神奈川県産の「和豚もちぶた」を使用しております。
鶏肉の地域の特徴
  • ヨシケイ奈良・・佐賀県産「ありたどり」とうもろこしや大豆など畑の栄養、健康で安全、低脂肪で美味しく仕上げた鶏肉
  • ヨシケイ横浜・・国産の鶏肉で穀物主体の配合飼料で鶏特有の臭いを抑えた飼育が特徴の鶏肉
  • ヨシケイ北大阪・・日南鶏・大阿蘇の鶏肉で、鶏の健康を第一に考えた独自の自家配合飼料を与えた鶏肉


てんちゃん

特に安全性や安全性や美味しさに力を入れてる地域もあるよ♪





魚の産地・安全性

ヨシケイの魚のこだわり
出典:ヨシケイ公式サイト

魚介類の特徴

天然物可能な限り日本近海で漁獲される天然ものにこだわり、漁獲の海域・時期・水揚げ港を選定しています。
養殖物天然物の確保が難しい一部の魚については、養殖ものを取り扱うこともあります。その場合、管理体制を徹底し、餌の内容や薬物残留の有無などを厳しくチェックしています。
輸入物日本人の食生活に定着している魚介類で、現在は日本近海に生息していなかったり、日本近海では品質の高いものが潤沢に漁獲できなかったりする魚介類に関しては、輸入物をお届けしています。その場合も、品質の優れたもの(脂がのって美味しいもの)が漁獲される海域を厳選しています。

※天然ものでも、輸入物でも、「美味しさ」と「安全」に関するこだわりには変わりはありません。
※毎月ヨシケイニュースにて、 産地をお知らせしています。
参照:ヨシケイ公式サイト


一度、味付きの冷凍さばが届くましたが、これも国産でした。

鮭は北海道産
鯖も国産のもの


こちらは、魚介類の地域のこだわり食材の一部です。

地域のヨシケイごとにこだわりの食材があり、以下はその一部です。

魚介類の地域の特徴
  • ヨシケイ青森・・天然・養殖「養殖ものは養殖方法・飼料を管理、漬魚は着色料・保存料等の合成食品添加物は不使用」
  • ヨシケイ北大阪・・天然・養殖「生産履歴の明確なもの、薬剤投与の心配のないもの」




その他(卵・大豆製品)

卵は国産です。産地は住んでいる地域によって違い、こだわりのご当地卵が届きます。

豆腐の原材料である大豆は外国産ですが、遺伝子組み換えでない大豆が使用されています。

ヨシケイお試し5daysのおまけで頂いた卵



こちらは、卵・大豆製品の地域のこだわり食材の一部です。

地域のヨシケイごとにこだわりの食材があり、以下はその一部です。

卵・大豆の地域の特徴
  • ヨシケイ大宮・・卵「樗沢 あかね玉(千葉県産)」遺伝子組み換えやポストハーベストを行っていない コーンを主原料に畜産栄養学に基づいて配合した独自の飼料
  • ヨシケイ滋賀・・桜色の卵(三重県産)・近江の地卵(滋賀県安土産)契約養鶏場で鶏の健康を考えた良質のトウモロコシ等の飼料と、滋賀県・三重県の恵まれた環境から産まれた美味しい卵




初回限定!まずは半額でお試し

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です


ヨシケイは体に悪い?他社と安全基準を比較

次に、【2022年度】食品宅配売上高ランキングを参考に上位にランクインしているワタミ(あっ!とごはん)とOisix、またSNSの口コミでよくヨシケイと比較されているコープデリと比較してみました。

スクロールできます
食品添加物 国が認可する添加物349物質のうち、37品目を独自排除特に添加物に関する独自の基準なし使用を認めている添加物は10種類のみ。(添加物を使用しないとどうしても提供できない商品のみ使用)添加物は必要最小限
食材の産地国産中心お肉と魚は外国産・野菜は国産国産とは限らない国産とは限らない
農薬 農薬削減を推奨農薬に関する独自の基準なし農薬・化学肥料使用回数は極力減らす。有機JAS認定栽培。農薬は制限して使用。低農薬・有機+残留農薬検査実施(国基準)
畜産物 植物性飼料を100%使用。成長ホルモン剤不使用。畜産物に関する独自の基準なし成長ホルモン剤不使用。抗生物質の使用は必要最低限。育て方や飼育場所などの素性がはっきりした畜産物のみ取り扱い。畜産物に関する独自基準なし
価格
(1食あたり)
600円〜640円〜800円〜570円〜
お試しセット公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト


他社と比べてもヨシケイは食材は基本的に国産で、また独自の基準を設けており安全性は他者に見劣りしません。

てんちゃん

しかもヨシケイは選べるメニューも多いし料金も安い!


また、添加物や農薬に関して独自の基準がないミールキットもありましたが、国の食品衛生法に基づいた範囲なので基本的に街のスーパーと同じで安全性に問題はありません。


初回限定!今なら半額でお試し

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です

ヨシケイは体に悪い?口コミ

次にヨシケイの食材の安全性に関する口コミを調べてみました。

調理済みの食材の添加物が気になる


ヨシケイの調理済みのものや調味料には添加物が少なからず入っています。

YSO基準により安全性は高いですが、完全無添加ではありません。

鮮度が気になる

ヨシケイでは配達時間の指定ができないので、お昼頃の配達になると鮮度が気になる、という口コミがありました。

てんちゃん

保冷ケースや保冷剤でしっかり密封されているものの、気になる人もいるみたい!

加工肉が無塩せきで安心


てんちゃん

加工肉が無塩せきで安心」と言う口コミが多かった!

加工肉によく使われている発色剤(亜硝酸ナトリウムなど)には発ガン性の物質を生成する可能性があると言われています。

発色剤が使われていないことを無塩せきと呼びます。

子供に食べさせるならなおさら避けたい添加物の一つです。


基本的に国産で産地表示があり安心感がある


やっぱり食材の産地は気になりますよね!

筆者も実際に使ってみて、肉や魚はもちろん野菜の産地が一つ一つ書かれていたので安心して食べることができました♪



初回限定!今なら半額でお試し /

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です

ヨシケイのお試しセット

ヨシケイのお試しセットは初回限定なので利用を検討している場合は、通常の半額のおためしセットを注文してから通常のコース注文をするのがおすすめです!

ヨシケイでは4つのメニューからおためしセットが選べます。

スクロールできます

CutMeal

プチママ

バリエーション

クイックダイニング
品数2品2品2品2品
食材カットありなしなし一部あり
離乳食レシピありありなしなし
調理時間10〜15分15分〜20分35〜40分15分〜20分
お試しセット
(一食あたり)
300円300円350円350円
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

また、ヨシケイは注文したい時に必要な分だけ注文して、その都度配達してくれるスタイルです。


そのため、ヨシケイは会員制ではないので、入会金や契約金、出資金なども一切ありません。

てんちゃん

お試しをして気に入ればそのまま継続して注文するだけでOKだよ♪





初回限定!今なら半額でお試し

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です

赤ちゃんや子供に食べさせても大丈夫?

ヨシケイの食材は厚生労働省が定めた基準よりも安全性が高いので、むしろスーパーで買うよりも安全性が高いです。

またヨシケイでは、国家資格「管理栄養士」14名を含む総勢33名が活躍していおり、栄養バランスの優れた献立メニューになっています。


てんちゃん

色々な旬の食材が届くから栄養の偏りもなくなりそう♪

ヨシケイで離乳食レシピがついているのは、CutMealプチママのみです。

また、この2つのメニューは半額でお試しすることが可能です。

ヨシケイの離乳食について詳しくは「【レビュー】ヨシケイの離乳食を実際に作ってみた!かかった時間や口コミ、料金を徹底解説」をあわせてご覧ください。


ヨシケイは体に悪い?まとめ

結果、ヨシケイは体に悪くない、むしろスーパーの食材よりも安全性が高いことがわかりました。

以下、本記事のまとめです。

  • ヨシケイでは独自の「YSO基準」に基づいて国の基準よりも厳しく徹底している
  • 造委託先を選定するための工場監査チェックリストを設け、厳しい工場監査に取り組んでいる
  • 独自の食品添加物基準である「Yリスト」を定め、安心安全な食材を提供している

野菜の産地・安全性

  • ほぼ国産
  • 農薬が半分以下の特別栽培農作物
  • 放射能は国の基準
  • 微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)にて野菜洗浄

お肉の産地・安全性

  • 生の鶏肉は国産
  • 調理済(唐揚げやステーキ)鶏肉は外国産
  • 豚肉は国産
  • 牛肉はオーストラリア産
  • ハム・ソーセージ・ベーコンは無塩せき(発色剤不使用)

魚介類の産地・安全性

  • 可能な限り国産の天然物
  • 養殖は管理体制を徹底し、餌の内容や薬物残留の有無などを厳しくチェック
  • 輸入物は品質の優れたもの(脂がのって美味しいもの)が漁獲される海域を厳選

ヨシケイは他社と比較しても安全性が高く、またリーズナブルな食材宅配サービスです。

てんちゃん

食材宅配サービスランキングで14年連続1位を獲れるのもうなずける♪


お試しセットだけ注文して合わなければ使わないというのも全然アリ!
迷われている方はぜひお試しから検討してみてくださいね。


初回限定!今なら半額でお試し /

公式:https://yoshikei-dvlp.co.jp/

※キャンペーンはなくなり次第終了です




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(見たいところからチェック!)