AmazonAudibleが2ヶ月無料(10/12まで)check!

米油とオリーブオイルどっちがいいの?【徹底比較】


てんちゃん

こんにちは、転妻てんちゃんです!

我が家は健康の観点から最近サラダ油から米油に変えてみたのですが改めて今回は健康に良いとされるふたつの油、米油とオリーブオイルどっちが健康にいいのか、徹底的に比較しました。

この記事はこんな方におすすめです!
  • 健康のためサラダ油を卒業したいと考えている方
  • 米油とオリーブオイルの栄養や効能が知りたい方
  • それぞれの油の適した調理法が知りたい方


筆者は夫がコレステロール値が高い&子供の健康に良さそうという理由で米油に変えたのですが、細かい部分までは効能を調べていなかったのでこれを機に上手く油を使い分ける事が出来たらいいなぁと思います♪

ではさっそくスタート!



\ この記事を書いた人
  • 全国転勤族4年目でワンオペ育児に追われる毎日
  • 単身赴任覚悟でマイホームを購入
  • 幼児食インストラクター取得済
  • 無知無設計でWordPressにてブログ開始
  • 詳しいプロフィール/Twitter
こんにちは♪
目次

米油とは

米

玄米から得られる
“米ぬか”及び“米胚芽”を
原料として精製した油が米油です。

玄米は、ビタミンB群を中心としたビタミン類、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、脂質、抗酸化成分などの栄養素を豊富に含んでおり、栄養価が非常に高い穀物としても有名な食品です。

オリザの米油は、その玄米1キロから約15グラムしかとれないとても貴重な油なのです!

さらに、遺伝子組換えの心配がなく(Non-GMO)、アレルギーフリーですので、安心で安全な天然食材を求める方々にぴったり!まいにちの食事を美味しくしてくれる心強いオイルなのです。

オリザの米油
てんちゃん

なんと、ただのお米ではなく玄米から得られる米ぬか、米胚芽から精製された油だったんですね!

ということは精製された白米には含まれていないので普段の食卓に玄米を使っていない家庭にとっては貴重な栄養源になりますね。

米油にしか含まれないスーパービタミンE

ビタミンE

抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素。

日本人の摂取するビタミンEの約30%は植物油から摂取しているといわれています。

トコトリエノール

ビタミンEの一種で抗酸化力がビタミンE(トコフェロール)の約50倍と言われています。 圧倒的に抗酸化力が高いため、スーパービタミンEとも呼ばれています。

オレイン酸 ※オメガ9(n-9)系脂肪酸

心臓障害を防ぐ善玉コレステロールの値はそのままに、 悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあるといわれています。

リノール酸(37%)※オメガ6(n-6)系脂肪酸

血中コレステロール値を低下させ血管の硬化を防止します。

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)

ポリフェノールの一種。 こめ油特有の栄養素なので、他の油には含まれません。 更年期障害、胃腸神経症などの改善に効果があるといわれています。 複雑な現代社会人に欠かせない栄養素です。 また、シミやシワ、くすみなど、年齢肌の悩みを解消する、女性にうれしい働きもあります。

てんちゃん

米油にはオメガ6やオメガ9に属する成分が豊富に含まれているよ!これらは人が体内で合成できない必須脂肪酸で、食物から摂ることがとっても重要!!


米油はどんな調理に適しているの?

米油には以下の特徴があります。

  1. 酸化しにくい
  2. 匂いやクセがなく油酔しずらい
  3. 泡立ちが少なくカラッと上がる


これらの理由から普段の調理や揚げ物をするときのサラダ油の代替品として米油を使うといいでしょう。

てんちゃん

ここまで健康的で使いやすいなら揚げ物への罪悪感もこれで減りそうですね♪


上記で書かれていた通り普段の炒め物ではサラダ油との差はいまいち分かりませんが、揚げ物をしたときにサッパリしていてあまり胸やけがしない為とてもお気に入りです!

オリーブオイルとは

オリーブ

オリーブオイルは、オリーブの果実から得られる油のことを指します。

菜種油やひまわり油に代表される種由来の油(シードオイル)とは異なり、オリーブは果実にオイル分が含まれています。上質なバージンオリーブオイルはさらっとしていて、オリーブオイルだけでそのまま飲めるほど。オリーブ100%の果実ジュースと表されることもあります。

オリーブは世界に1000種以上あるとも言われており、オリーブに含まれるオイルの量は品種や収穫時期によって異なります。成熟前の青い実だとオイルの含有量が少なく、青から紫、黒と成熟が進み、色が濃くなるにしたがって、オリーブオイルの含有量は増えていきます。オリーブオイルの含有量は実の重量(約1~15g)に対して、少ないものだと約9%。多いものでも約30%と言われています。

Nippon Olive
てんちゃん

より色が濃いオイルのほうがオリーブの含有量が多いんだね!




オリーブオイルはオレイン酸(オメガ9系)が主成分

オレイン酸

オレイン酸には血中コレステロールを減らして生活習慣病を予防する働きがあります。「オリーブの原産地である地中海沿岸に住む人に心筋梗塞の発症率が極めて低い」という調査結果があり、オリーブの消費量と心疾患の発症率の低さには深い関係があることが分かったほどです。

てんちゃん

米油にも含まれていましたがオリーブオイルはオレイン酸が主成分のようです!

フェノール化合物(ポリフェノール類・フェノール類)

抗酸化作用があると言われているポリフェノールです。
オレオカンタールやオレウロペインといった、オリーブオイル独自の成分も含まれています。オリーブオイルの苦味・辛味はこれに由来します。

トコフェロール(ビタミンE)

一般にトコフェロールと表示されるのは通常のビタミンEのことを指します。

脂質の抗酸化作用により、肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮ふの角化を促進する働きを持ち、肌あれ防止効果があるといわれています。肌に対してだけでなく、油分全般に強い還元力を発揮するため、油を使った食品にも安全な抗酸化剤として配合されています。

クロロフィル

オリーブオイル独特の緑色を構成する成分です。抗酸化作用があります。

植物ステロール類

β-シトステロールなどの植物性のステロール類です。コレステロールの吸収を阻害する作用があるとされ、特定保健用食品の有効成分としても利用されています。



米油とオリーブオイルの差は栄養素の含有量

栄養素を比較してみた結果、成分や効能に大きな差がないように思えました。が、

含有量を見ると大きな差がありました!

  1. オリーブオイルが通常のビタミンEに対し、米油はスーパービタミンE
  2. スーパービタミンEの含有量はオリーブオイルが100g/2mに比べて、米油は100g/75mg
  3. 植物ステロール・・・オリーブオイル100g/98mgに比べて、米油は100g/1200mg
てんちゃん

米油の方が含有量が多い結果に!!


結論

どちらも抗酸化力が高く健康的なオイルであることは間違いありません。

ですが比較した結果米油の方がオリーブオイルよりも栄養素の含有量が多いという結果になりました。

ただしオリーブオイルは何といっても薫りが良いのが特徴でエクストラバージンオリーブオイルならサラダやカルパッチョなど熱を通さず頂いても美味なのがオリーブオイルの良い点です。(米油は無臭でサラダ油と同じです)

その為使い分ける際は、

  • 炒め物などの普段使いや揚げ物のときは米油
  • ドレッシングなどでそのまま使うときは薫りの良いエクストラバージンオリーブオイル

と分けて使うのがおすすめですよ!

ピュアオリーブオイルは精製された味や香りを除いた精製されたオリーブオイルです。より成分も多く薫り高いものはエクストラバージンオリーブオイルとなります。


てんちゃん

引き続き家族の健康のためにも米油を使っていこうと思います!


\ 筆者はまいにちの米油を愛用しています♪(現在2本目突入) /


  • 楽天市場こめ油デイリーランキング1位
  • 品質にこだわり、国産原料のみを使用している
  • 環境にもやさしく捨てやすい紙パック


完全な国産の原材料を使用しているため遺伝子組み換えの心配もなく安心して使えます♪

あと筆者的には紙パックなので揚げ物するときにもドバドバ入れられるし、紙パックなので使い切ったら潰して捨てるだけなのが楽でお気に入りです。

奈良恵友堂
¥1,188 (2022/04/26 13:34時点 | 楽天市場調べ)


てんちゃん

筆者は毎回ふるさと納税で購入し食費を浮かせてるよ!


ふるさと納税をしたい方はこちらがおすすめです♪


\ Amazonベストセラー1位オリーブオイル /



いかがでしたか?

油が体に与える影響はとても大きいですよね。

まずは毎日使う油から見直して家族みんなで健康的な食生活を送ってくださいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました♪


\ふるさと納税は12月まで!/

\ 愛用品は全部こちら /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる